2015年04月06日

【5月16日】慢性期脳卒中に対する治療戦略

株式会社ラピオンセミナー事業部の梶原です。


僭越ながら5月にセミナーを開かせて頂きます(^^)


慢性期脳卒中片麻痺の機能障害に対する考え方をお伝えさせて頂きたいと思います!


実際、この考え方にしてから臨床で結果が出やすくなっています!


治療時のポイントは
構造、感覚入力
と考えています。


構造のポイントは
膝関節
です!!

これは、麻痺側だけだなく
非麻痺側も重要になります!


勿論、膝関節をみるためには
股関節、足関節、脊柱などもみていく必要があります。


詳しくはセミナーでお伝えさせて頂きます(^^)
ヒントは
回旋の連動足からの連動と感覚
です。


慢性期の脳卒中片麻痺の方の特徴を踏まえて治療戦略をお伝えさせて頂きます!
慢性期片麻痺の方をみていると
身体的特徴、生活の特徴での共通点が多くある事がわかります。


また、
キャリーオーバーさせるために必要な考え方もお伝えさせて頂きます!


これも詳しくはセミナーでお伝えしますが、
自主トレについて
循環について
装具について
などの私の考えをお伝えします!


自主トレの話を少ししますと、
自主トレは注意が必要です!
やり方によっては身体機能低下につながる可能性があります。


慢性期(維持期病棟、訪問、デイ、老健など)で働く方にはぜひ聞いてほしい内容ですが、
急性期、回復期などで働く方にも参考になると思いますし、
あらゆる時期、あらゆる疾患に対応可能な考え方
です!


必ず翌日からの臨床が変わると思いますので、ぜひこれを機にご参加下さい(^^)


【題目】慢性期脳卒中片麻痺に対する治療戦略〜膝関節から全体を捉える〜

<講師>梶原文規(理学療法士)
プロフィール
↓    ↓    ↓   ↓

【日時】
平成27年5月16日(土)
10:00〜13:00

【場所】
森の木リハビリステーション
東京都日野市豊田3-32-4  ノムラメディカルビル4階
JR中央線豊田駅より徒歩2分

【受講費】
3000円(当日徴収)
当日領収書を発行致します。

【定員】
10名   → 残席2名

【申し込み】
件名に「5月16日セミナー」とご記入ください!
下記メールアドレスに
○  氏名
○  所属(勤務先)
○  職種
○ 連絡先(携帯電話、アドレス)
をご記入して送信下さい。

↓      ↓      ↓      ↓



ご参加お待ちしております。
よろしくお願いしますm(._.)m

<リンク>





posted by ラピオン at 18:01| Comment(0) | セミナー案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。