2015年07月27日

【7月26日】骨盤帯と股関節から考える介入戦略セミナー報告

ラピオンの梶原です。


骨盤帯と股関節から考える介入戦略セミナーの報告をいたします!


講師は、
津田泰志 先生!


すごく話が上手で分かりやすかったです!
さすが人前で話すのは慣れている感じでした(^^)


骨盤帯と股関節をセットで考えると、
これらは身体の中心になりますので、
全身を捉えるのに理解しやすい部位です!


今回は変形性股関節症を想定して話を
進めて頂きました。


アプローチは結果が出やすいものでした!
しかし練習は必要になりますね!

質の高いアプローチには、やはり評価が大事ですね!
評価が大変勉強になったという感想が多かったです(^^)


ちなみに
セミナー中に音楽をかけましたが、
これは気になって不快だったという声を頂きました(^^;;
申し訳ありませんでした。
しかし、
今回は講師の希望だったのでご了承くださいm(._.)m


D297B3E9-F227-4C55-A170-B9FD14499911.jpg7A021498-A8DE-4BA6-82F8-826026C10641.jpg16ADC28D-E56B-48D3-A1A1-2AC423EBCFAC.jpg

暑い中、ご参加頂いた受講生の皆様ありがとうございましたm(._.)m

また、講義して頂いた津田さんありがとうございました!
また、お願いしたいと思います(^^)


posted by ラピオン at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。